草刈り後の農地を綺麗にする~土地を生き返らせよう~

使っていない農地の今後を考える

草刈り

耕作を行なっていない農地でも、期間が短いのならまだ農地として活用することができます。そこで、現在使っていない農地があるのなら、しっかり手入れを行ない、かつ今度どのように役立ててくのかを考えるようにしましょう。

農地として再び使う方法

売却を考える
耕作を行なう人が年をとり、今後自分たちで耕作を行なわないという場合は、農地の売却を考えましょう。需要が少ないと思うはずですが、他の農家に当たってみれば買主が効率よく見つかるはずです。また、農地を売却する際は農業委員会から売買の許可を取る必要があるので、事前に流れや注意点について確認しておきましょう。
貸し出しを行なう
農地は、売却だけではなく貸し出しという形で活用することも出来ます。農地の場合は通常の賃貸借と違って50年間の貸し出しが可能ですし、都市部などで市民農園として貸し出すこともできます。特に市民農園は、各自治体で補助事業を行なっている場合があるので、売却先や貸出先が見つからないときの活用法として選択肢に入れておくと良いでしょう。

今後も農地として利用するつもりなら、面倒だと思わずにきちんと手入れを行ないましょう。また、自分で手入れをするのが難しいという場合は、専門業者に草刈りから木の伐採までを依頼するという方法をとると良いでしょう。

業者では耕うん作業も行なっている

農地の手入れでは草刈りや木の伐採も重要ですが、その後の土地の整理も重要です。土地を綺麗にするためには耕うん機による作業が必要不可欠ですが、専門業者であればこの耕うん作業も同時に行なってくれます。 また、耕うん作業は機械の取り扱いに慣れたプロのオペレーターによって進められるので、非常に綺麗な仕上がりになります。

TOPボタン